企業が株主に対してサービスや物を提供する株主優待、証券会社に預けたお金が3倍の利益にもなる信用取引は魅力的に見えますが、大きな損失に繋がるというリスクを忘れてはいけません。株式投資で失敗しないためのポイントを紹介したいと思います。

JAL先特と株主優待券を上手に使い分ける方法

JALグループの国内線航空券を格安で購入する方法は、JAL先特と株主優待券を利用する方法があります。
JAL先特のほうが僅かに安く設定されていますが、二つともほぼ同じような料金設定となっていますが、それぞれにメリットとデメリットがあるので旅行の目的に応じて使い分ける必要があります。
株主優待券を利用するためには株主になって会社から優待券を配布してもらうかチケットショップなどで購入する必要がありますが、JAL先特の最大のメリットは、webサイトを利用すれば誰でも何度でも利用することが可能です。
チケットショップで株主優待券を購入するための購入費用がかかりますから、非株主で株主優待券が配布されていないのであれば、同じ料金設定のフライトであればJAL先特のほうがお得です。
一方、株主優待券を利用する最大のメリットは、JAL先特なみの格安の料金設定であっても、出発直前でもチケット予約・購入や変更ができることです。
JAL先特では1ヵ月以上前から予約・代金の支払いを完了していなければならず、チケットの購入後は日程やフライトの変更ができません。
もしもJAL先特でチケット購入後に旅行の予定に変更が生じてしまったら、既に予約したフライトを一旦キャンセルしてから再度予約をしなければなりませんが、チケットの払い戻しにキャンセル料がかかってしまいます。
さらに変更時期が出発の1ヵ月以内であれば、割引率の低いもっと高額な料金で予約をしなければなりません。
株主優待券であれば出発の直前でも手数料無料でフライトの変更ができるので、旅行の予定がはっきりと決まっていない段階でもとりあえず航空券の予約をしておくとか、帰りのフライトのみ搭乗予定便の変更ができるようにしておく、という使い方が可能です。