企業が株主に対してサービスや物を提供する株主優待、証券会社に預けたお金が3倍の利益にもなる信用取引は魅力的に見えますが、大きな損失に繋がるというリスクを忘れてはいけません。株式投資で失敗しないためのポイントを紹介したいと思います。

株主優待の楽しみ方、一覧表の利用法

株式投資というと難しいことのようですが、預貯金の低金利が続く中で、個人向けの少額非課税講座=NISA制度が導入されるなど、身近に感じる機会は多くなっています。
貯蓄と投資の大きな違いは元本保証の有無ですが、株式は元本の保証がない代わりに値上がり益や株式配当、そしてさまざまな株主優待など、多くの魅力を持っています。
世の中に株式会社はたくさんありますが、だれでも株式を売買できる会社を公開会社といい、公開会社の株式は証券会社で取引をすることができます。
株価は上がることも下がることも、時には無価値になってしまうこともありますが、公開会社の財務内容は、複数の取締役や監査役が携わっているので、前触れもなく突然無価値になってしまうことはまずありません。
株式投資の魅力の中でも、一番大きな収益を上げる可能性があるのは値上がり益ですが、上がる株がわかれば苦労はありません。上がることを期待した株が実際に上がったときには、売却益を得ることができます。
比較的確実に見込むことができるのは株式配当と株主優待です。業績によっては配当の金額が増減することもありますが、公開会社の配当の増減は、その銘柄の人気を通じて株価に直結するため、安定的に行われることが一般的です。
そして、趣味と実益を兼ねているのが株主優待、自社製品やサービスの優待など、各社各様になっており、値上がり益ではなく、会社の成長を一緒に楽しみたい投資家にとってもうれしいサービスです。
株主優待制度に着目して銘柄を選ぶ場合は、証券会社で作成している一覧が便利です。
一覧表では、株数に応じた優待の内容と、基準日といって、いつの株主が対象になるかがわかります。
株式配当や株主優待の権利が決まった直後は、権利落ちといって、その分一時的に値が下がるので、1年目は配当や優待を見送って、権利落ち後に購入する選択肢もあります。
権利確定日を一覧表で確認しておきましょう。