株主優待の落とし穴…信用取引!

企業が株主に対してサービスや物を提供する株主優待、証券会社に預けたお金が3倍の利益にもなる信用取引は魅力的に見えますが、大きな損失に繋がるというリスクを忘れてはいけません。株式投資で失敗しないためのポイントを紹介したいと思います。

株取引で信用取引や株主優待の利点とは

株取引を行う時に信用取引を行ったり、株主優待を活用して利益を得る事が出来るメリットがあり、信用取引の場合は取引を倍増させて取引を行う事が出来ますから、リスクも倍増しますが利益も倍増するという利点があり、資金が少ない方でもチャンスがあれば大きな取引を行って資産を効率良く増やす事も可能です。

信用取引では保有出来る期間が決まっていますから、期間がくれば手放して決済したり、倍増させた分を購入して保有する必要がありますし、リスク管理は現物取引以上に徹底する必要があり、利ザヤを抜く為に信用に手を出したものの、購入後に一度も含み損を抱える事も出来ずに、期間が来た時に決済せざるをえなくなりマイナスに陥る事もありますから、余裕をもった取引を行う事が必要です。

買いで入った地点よりも値段が上昇したり、売りで入った地点よりも下落していけば利ザヤを抜く事が出ますが、こうした利ザヤを抜くだけではなく、保有し続ける事によって株主優待を受ける事が出来るメリットもあります。

株主優待を受け取る場合には、各社条件設定があり、特定の日に何株保有していているかによって特典として商品をくれる等のサービスがありますから、この優待制度を目的に株の取引を行っている方も居ます。

長期保有しなくても特定の日に保有しておく事によって優待や配当金を得る権利が発生しますから、こうした権利確定日を確認して購入する方も多く、この権利確定日付近の株価変動の特徴を研究して利ザヤを抜くという方も居ます。

権利確定日の影響を受けやすいタイプの株や受けにくい株がありますから、そうした情報を整理して株取引を行う事が望ましく、値動きの特徴を掴んで信用取引等を織り交ぜるのも1つの手法になります。

■ニーサ=少額投資非課税制度でお得に取引
ニーサ
■投資顧問にも当たり外れはあります。見極めはしっかりと
口コミで人気がわかる投資顧問
■こちらもチェックしてみてください
低位株